のどの部位 咽頭(いんとう)

のどは医学的に咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)に分けられています。
咽頭は鼻、口、喉頭、食道の間の部分であり、咽頭はさらに上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。

上咽頭は鼻腔の後ろにあり、高さは頭蓋底から口蓋まであります。
側壁には耳管咽頭口があり、中耳と繋がっています。
上咽頭は鼻呼吸するときの空気の通り道として機能しています。

中咽頭は舌の奥にあり、口を開けた時に見える部分。
喉仏(口蓋垂)とその周辺の上顎の部分は軟口蓋と呼ばれています。
左右には扁桃腺があり、奥の壁は中咽頭後壁と呼ばれています。
また、舌根と呼ばれる舌の付け根も中咽頭に含まれます。
中咽頭は呼吸の際の空気の通り道、食物の通り道としての機能の他に、物を飲み込んだり、話す時の構音機能もあります。

下咽頭は中咽頭の下から食道の入口までの部分。
下咽頭には食べた物が通る機能があります。

のどの部位 喉頭(こうとう)

喉頭(こうとう)は咽頭と気管の間にあり、甲状軟骨に囲まれた臓器。
喉仏(のどぼとけ)とも呼ばれています。

上方は咽頭、下方は気管と繋がっていて、食べ物を飲み込んだり、声帯を振動させて発声する機能があります。

また、物を飲み込む時は喉頭蓋が後ろに倒れて、喉頭に蓋をして気管へ食物が入り込むのを阻止しています。

咽頭と喉頭は呼吸と食事に不可欠な部分に関わっている器官なので、とても重要な場所になっています。